Twitterタイムラインをホームページに埋め込む簡単な方法

Twitterタイムライン埋め込みに悩む男性WordPress
スポンサーリンク

Twitterタイムラインの埋め込みコード

Twitterタイムラインをホームページに埋め込む方法を質問されたので、記事にしておこうと思う。

続!Cocoonを使うなら、記事を書く前に行うべき7個の設定
WordPressの神テーマCocoonをインストールしたら記事を書く前に、最初にしておきたい初期設定を1ページにまとめました。要約すると新規サイトを作成する時などのカンニングペーパー的なものです。誰かのお役に立てれば幸いですが、記事は長いです。(笑)

質問されたことがキッカケの記事な訳ですが、そもそも振り返ってみると自分はどうやって
Twitterタイムラインを記事に埋め込んだんだろう?ってなった。

.Red
.Red

一度やった作業はすっかり忘れる性格なのです。

そもそもこのホームページは自分用の健忘録ということもあり、記事にしておこうかと。
誰かのお役に立てたら幸いでございます。(笑)最近記事も書いてないしね。

スポンサーリンク

Twitter Publish でコードを取得する

Twitter Publish

まずはTwitter Publishに移動してください。

Twitterpublishの画像

ここに自分のツイッターアカウントURLを入れて、エンターキー(→)を押します。
ちなみにosaka1720は私のTwitterアカウントです。

自動で下にスクロールします。

埋め込みタイムライン選択画面

.Red
.Red

ここで、埋め込みタイムラインをクリックします。

下記の画像のように自分のツイートが表示されます。

タイムラインコード

最後にコードをコピーをクリックすると、クリップボードにコピーされます。

.Red
.Red

Twitter Publish での作業は以上です。

コードをホームページに埋め込む

後は簡単!ワードプレスの管理画面に行きます。

ウイジェットの画像

外観→ウイジェットに移動します。

.Red
.Red

ここで、カスタムHTMLなんかをサイドバーに作ります。

コードを記載

カスタムHTMLなんかに、先ほどTwittwe Publish でコピーしたコードを貼り付け保存します。

ホームページに表示されたTwitter タイムライン

.Red
.Red

これで表示されます。

簡単だよね。

この記事のまとめ

Twitter Publish で取得したコードは、張り付けるだけでタイムラインが表示できます。

違うホームページに表示させたくなったら、次回からはメインサイトに張り付けたコードをコピーして貼り付けるだけで全ての作業が完了します。

.Red
.Red

コピーして貼り付けるだけなんて・・・

だから健忘録に書いてなかったんやね(笑)

まぁ誰かのお役に立てるなら、この記事も無駄にはならないでしょう?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
WordPress
スポンサーリンク
.Redをフォローする
対策部

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました